妊娠中期

歯医者〜歯科検診〜

歯科検診💉(歯のお掃除)に
行ってきました😊👍

👶妊娠中の口内環境の変化⚡️

概要

妊娠中は女性ホルモンが増えることで
口内環境が大きく❗️変わるようで、

通常なら口の中を正常な状態
保ってくれる唾液の分泌が
少なくなるため、

さまざまなトラブル⚡️が
起きやすくなるみたいです😔💔

唾液が少ないとどうなるのか

唾液の働き
抗菌作用 細菌の増殖を抑える
自浄作用 細菌や食べかすを洗い流して清潔にする
消化作用 唾液に含まれる消化酵素により、デンプンを分解して消化を助ける
保護作用 口の中の粘膜を保護し、傷を修復する作用
歯の再石灰化作用 歯の表面から失われたカルシウムやリンを補って修復

👶妊娠初期のトラブル⚡️

つわり💔によって歯磨きの質が
落ちてしまい虫歯💀になりやすく
なってしまいます😭💔

👶妊娠中期にはこんなトラブル

妊娠中期に入ると、
胃の圧迫感💔によって
一度の食事の量🍴が減り、


少量を数回に分けて摂る🍴ことも
増えてきます💡
そうすると、口の中に食べ物🍙が
入る機会が増え虫歯💀や歯周病
なりやすくなってきます😱💡

👶妊娠後期のトラブル⚡️には

👶出産準備に向けて忙しさのため😱
歯磨きが疎かになってしまい

虫歯💀になりやすくなってしまったり、


初めての出産👶の場合は
緊張や不安💔など精神的要因💡から
唾液の分泌量がさらに❗️少なくなることも
あるそうです😧💦

具体的な歯科トラブル⚡️として

トラブル 予防 治療
虫歯 歯磨き 妊娠中期に歯科で治療
妊娠性歯肉炎 デンタルフロスで歯間を磨く 気が付かないことも多いので妊娠中期に歯科検診
歯周病

・デンタルフロスで歯間を磨く

・歯科検診にて歯垢歯石除去

 

 

歯周基本治療

早期発見がとても大切

このようなものがあります。

一番怖いのが歯周病で、

歯周病によって早産のリスクが高まるとされています。

 

NPO法人日本臨床歯周病学会のサイトによると、

歯周病による妊婦における

早期低体重児出産の危険率は約7倍にも

なるそうです😢😢😢

今回何故行ったのか

つわりの時期、
✨幸いなことに吐いたりということは
なかったので


口腔状態は悪くなかった
思うのですが、

念の為、歯のお掃除に🚗💨

私の場合、上記✏️にあげた内容を元から
知っていたこともあって
歯磨きを念入りにし過ぎて

知覚過敏気味⚡️に
なってしまっていたこともあり…😨💦

とほほ・・・😢😢😢

検診結果

染みると思っていたところに
ちっちゃな虫歯💀ができていました😭💔

まだまだちっちゃな虫歯💀だったので
先生も治療💉するか悩んでいました💡

でも原因がはっきりして
良かったです😊✌️

治しておきたかったので、
次週治療💉をします😊

終わりに染みる治療として、
塗り薬を塗布されて終わりました👍

まとめ

👶妊娠後期に入るとお腹が大きくなり、
仰向けでの治療💉が辛くなるので😱、

👶妊娠中期の間に必ず歯に異変を
感じたら治療💉をおこないましょう✌️

わたしのように、
検診🔎がてらお掃除するのも
良いと思います👍😊

じゃらん特集一覧

👶妊娠中期に出来ることは
全て終わらせておきましょう😄💡

治療の予約✏️をする際
👶妊娠の週数を伝え、
赤ちゃんに影響のない❗️
虫歯治療💉をしてもらいましょうね👍

また明日、お目にかかりましょう😊

いいねを押してくれると大変嬉しいです😊💕

👇  👇  👇  👇  👇  👇  👇

にほんブログ村 マタニティーブログへ

 

🌸Bye☝️